【復縁方法】呪いと『呪い返し』/呪い返しを最小限にする心構えとは?

【復縁方法】
呪い・呪術には、「呪い返し」(のろいがえし)が間違いなく生じます。

【復縁方法】

祈祷師や呪術師、あるいは神職のように、専門の修行を積んだ者でなければ、
安易に呪い・呪術に手を出すべきではありません。

ただし、祈祷師や呪術師などに「呪い代行」を依頼した場合「呪い返し」は極端に軽減します。
しかしながら「呪い返し」がゼロになることはありません。

「呪い代行」を掲げている業者の中には、
『依頼者には呪い返しの心配がまったくありません』
と説明しているものもございます。
私はこの説明を鵜呑みにされ、何の心構えも無くご依頼される方が
大変多く居られるのではないかと懸念しております。

「呪い返し」は、祈祷師(呪術師)および依頼者(祈願者)とも、
避けることはできないのです。
身近な例を挙げましょう。
ある人が、別の人の悪口を言っているとしましょう。
おそらく、その対象人物のことが憎くてたまらないのでしょうね。
悪口を言っている瞬間の本人は、鬼のような形相になっていることでしょう。
これも軽い「呪い返し」です。

そもそも「呪い代行」「呪術代行」とは、
依頼者(祈願者)の念を祈祷師や呪術師が増幅・集約し、
相手方に対して集中的に送る(発念する)行為・儀式です。
依頼者(祈願者)の念が基礎となっていることからも解るように、
代行を依頼したからといってその祈願事からすっかり抜けられるものではありません。

私の場合、祈祷のご依頼を頂戴した際には必ず「呪い返し」について
詳しく説明申し上げております。
その上で、「呪い返し」を最小限に抑えるための心構えについても
ご依頼頂いた直後、あるいはご依頼頂く前に説明しております。
その心構えとは、
  ・常に(ご依頼頂いたその日から)、心穏やかに
  ・いたわりいつくしみ思いやり
の心持ちで日々過ごして頂く様、お願いしております。
読んでみれば「なんだ簡単なことか」と思われるに違いありません。
簡単なことがなかなか実践できないのが、私たち人間なのです。

呪い・呪術と「呪い返し」は表裏一体、不可分であることを
今一度覚え置き下さいませ。

【復縁方法】

この記事について

このページは、[復縁方法]珠玖深原 紗季が2020年10月 1日 00:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「【復縁方法】リンク集です【復縁方法】」です。

次の記事は「【復縁方法】『呪い返し』『呪詛返し』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。